自毛植毛とは何ですか?方法や費用について

自毛植毛とは文字通り、自分の髪の毛を薄毛が気になる部位に植毛することです。増毛では人工毛を植毛しているので植毛後に自然に生え変わることは無いです。そのためお金を掛けて定期的にメンテナンスを受けることが必要です。安全性の高い素材が使用されているとはいえ、拒絶反応が起こる可能性があります。

しかし自毛植毛では毛乳頭細胞や毛母細胞も一緒に植毛しているため、植毛した髪の毛が自然に生え変わっていきます。定期的なメンテナンスを受けずに済む上に、拒絶反応が起こる心配も殆ど無いと言うメリットが大きいです。

自分の髪の毛が残っている分だけしか植毛することはできないですが、AGA男性型脱毛症の場合は側頭部や後頭部の髪の毛は脱毛せずに残っていることが多いです。脱毛している範囲が狭ければ大丈夫です。

FUT法とFUE法がある

自毛植毛にはいくつかの手法があり、その中でも特にFUT法とFUE法と2つの手法が一般的となっています。このうち自毛植毛のダイレクト法はFUE法にあたります。FUT法とFUE法で一番大きな違いは移植する髪の毛の採取方法です。FUT法ではAGAによって脱毛が進みにくい後頭部の髪の毛をメスで切って採取し、薄毛になった部位に植毛しています。

ダイレクト法の利点・メリット・良い点

ダイレクト法ではメスで切らずにパンチと言う細いチューブを使用し、髪の毛を頭皮ごと繰り抜いて薄毛になった部位に植毛していると言う違いがあります。FUT法ではドクターの手作業で採取されますが、ダイレクト法では機械で採取しているので採取時間が大幅に短いと言う利点があります。
FUT法ではドクターの技術力が低いと毛根を傷つけてしまう恐れがありますが、パンチなら毛根を傷つける心配が殆ど無いです。FUT法ではメスを入れた部分に傷跡が付くことがありますが、ダイレクト法では小さな点状の傷しかつかないです。その傷も自然に治っていきますのでメスで切ったときのような縫合も不要です。さらに状態の良い髪の毛を採取できるので定着率が良い、密度を高くして植毛ができるなどいろいろな利点があります。

ダイレクト法の欠点・デメリット・悪い点

その代わりに移植する髪の毛がある後頭部を刈り上げすることが必要と言う欠点があります。採取が必要な髪の毛が多くなるほど刈り上げ部分も多くなり、殆ど後頭部が刈り上げ状態と言うケースもよく見られます。
刈り上げ状態を人に見られると恥ずかしい思いをしますが、刈り上げた部分にかぶせられるヘアーシートを提供しているクリニックが見られるので大丈夫です。自毛植毛の刈り上げ部分を隠すためだけにカツラを作成したのでは、その後に自然に生えてきたときにはもうカツラは不要になり、高額なカツラの料金が無駄になりかねないです。ヘアシートならカツラよりも大幅に安い上に見た目が自然なのが良い点です。
クリニックによって対応が異なりますので事前に質問しておくと良いです。

切らない自毛植毛FUE法

自毛植毛はFUT法やFUE法などいろいろな手法があります。このうちメスを使わないのがFUE法で何と言っても痛みが少ないと言うのが良い点です。その他にも頭皮が固い人でも自毛を採取して植毛ができると言うメリットがあります。まずは移植するための自毛をパンチを使用しグラフトと呼ばれる株ごと採取します。チューブパンチを使用し穴を開けて、そこに採取した自毛を移植します。

自毛植毛の費用(値段)はいくらくらいか

クリニックでの自毛植毛は自費診療ですので保険は使えないです。クリニックによって治療費はまちまちですが、M字型の薄毛で60万円から90万円ほど、O字型の薄毛で100万円から130万円ほど、U字型の薄毛で120万円から160万円ほどが掛かると言われています。一般的には100万円は掛かると思った方が良いです。

自毛植毛の値段比較表が書かれていたページがあったので画像として引用させて頂きました。費用だけでみるとtomクリニックが安いですね。値段だけでなく技術安全性も大事ですから、ちゃんと信用できるクリニックなのか入念に調べてから手術するかを決断した方がいいでしょう。
自毛植毛の値段を比較した図
引用元:自毛植毛とは?手術方法から自毛植毛の費用まで徹底解説
AGA治療についても分かりやすかったです。自毛植毛じゃない方がいい場合もあるので広く調べたい人にはおすすめです。

自毛植毛をするクリニックの選び方

AGAの症状が進行し脱毛している範囲が広くなるほど治療費が増えてしまいます。なるべく早めの決断が良いですが、移植手術には技術力が必要なのでクリニック選びには時間を掛けて慎重に行った方が良いです。症例数が多いクリニック、最新の技術を取り入れているクリニック、評判の良いクリニックを選ぶと失敗しにくいです。